どんなプロジェクター・projectorがいい?フル HD プロジェクター BenQ W1080ST

プロジェクター・projectorは、まだ実際に購入していいものか多くの人たちが迷いを持っているのではないでしょうか。テレビ、冷蔵庫、エアコン……と言ったものは、
購入しなければならないというモチベーションでいるでしょうけど、まだまだプロジェクター・projectorって、買ってどうなのかしらという思いがあります。

プロジェクターレンタルはAZA

迷ったけど買ってよかったもの – フル HD プロジェクター BenQ W1080ST

でもそういうものの中には、購入して本当に良かったと思えるものって一杯あると思います。

プロジェクター・projectorもそういうものではないでしょうか。

私も迷ったけど買ってよかったものとして – フル HD プロジェクター BenQ W1080STがあります。

フル HD プロジェクター BenQ W1080STが
本当に私のマイライフを活気づけてくれているかなという感じです。

必要かな……?というものを購入することで、私は一歩確実に大人の階段を上がった感じもしています。

フル HD プロジェクター BenQ W1080STが、間違いなく退屈な日から私を脱却させてくれたという感じです。

明るさ:1500 ルーメン以上を優先し、モバイルという選択肢はなく、更に解像度(Full HD)と価格のバランスなど慎重にチェックすれば、 BenQ TH682ST(3000 ルーメン、1920×1080)、W1080ST+ (2200ルーメン、1920×1080)かの選択肢ですね……。

このあたり、なかなかプロジェクター・projectorの選択も難しく、ある程度潔い決断というものも必要になって来るでしょう。

BenQ TH682ST(3000 ルーメン、1920×1080)、W1080ST+ (2200ルーメン、1920×1080) の選択肢

BenQ TH682ST(3000 ルーメン、1920×1080)、W1080ST+ (2200ルーメン、1920×1080) 、どっちも 単焦点タイプで短い距離で大きなサイズを投影することができます。

私が結局このプロジェクター・projectorの決断をししたのは、横方向 ± 20 度の台形補正機能&スクリーンを正面から見たいときプロジェクター・projectorを自身のまヨコに、マショウメンに配置する必要がないからです。

W1080ST+ は RGB/RGB カラーホイールで、ホームシアター向きのナチュラルな色を楽しむことができるといういことです。

プロジェクター・projectorとはちょっとお高い道楽なのかもしれませんが、人間、そのようなお金の使い方も時として必要なのではないでしょうか。